記事一覧

【DQR】ドラゴンクエストライバルズ 用語・キーワード能力 その2

早速です。もういきなりいきます。


「DQR」好きのあなたにピッタリのゲームをご紹介!


カードの説明欄で色付きで書かれた用語
キーワード能力の紹介です。



速攻
DQR いっかくうさぎ 速攻


召喚したターンに攻撃することができます。

カードゲームではお馴染みの「召喚酔い」
を無視して攻撃することができる能力です。

余談ですが、
召喚酔いというのは、出したターンには攻撃できませんよ。
というシステムのことです。

これにより、速攻という能力が映えます。

なんとなく速攻という文字を見ると、
赤く見えてしまうのは私だけでしょうか。



「攻撃時」
DQR アトラス 攻撃時

「攻撃時」を持つユニットが、相手のリーダーやユニットを攻撃するときに発動します。

攻撃するユニットを選択後、
お互いがダメージを与えあう前のタイミングで発動します。

例えば、攻撃時:攻撃力が1上がる
という能力を持つ攻撃力1のユニットがHP2の敵ユニットを攻撃する場合、
攻撃する前に攻撃力が1アップし、攻撃力2で攻撃できます。

なので、敵ユニットを破壊することができます。

ここで注意したいのが、
反撃時(相手から攻撃されたとき)には発動しない
ということ。

あくまで自分から行ったときにしか発動しません。


スポンサードリンク




「必殺技」
DQR ジゴスパーク 必殺技

各職業のユニークさを描く、強力なカードです。

「必殺技」のキーワード能力がついたカードは
テンションゲージがたまっていないと使うことができません。

テンションゲージをすべて消費し、カードを使用します。


「特技ダメージ+X
DQR まじゅつし 特技ダメージ

「X」の中には、数字がはいります。

数字分、特技を使用して与えるダメージにボーナスがつきます。

例えば、「特技ダメージ+1」を持つユニットが自分の場にあり、
「すべての敵ユニットに1ダメージを与える」
という特技カードを使用する場合、
すべての敵ユニットに2ダメージを与えます。

ダメージがない特技にはダメージボーナスはつきません。

例えば、「カードを1枚引く」
という特技には、ボーナスはつきません。

カード1枚引く+敵にダメージ1とかにはならないんですね。



「ねらい撃ち」
DQR ねらいうち アイスボンバー

ねらい撃ちを持つユニットはどの敵ユニット・リーダーにも攻撃することができます

におうだちやウォール・ブロックといったシステムを無視して攻撃できるわけですね。

なかなか便利な能力かと思います。

ただ、ステルスを持ったユニットには攻撃できません。



「ステルス」
ステルスを持ったユニットに対して、攻撃対象や、特技の対象にすることができません

ステルスを持ったユニットが攻撃すると、ステルスの効果がなくなります

ちなみに、対象にとれないだけなので、
対象をとらないカード(全体4点ダメージなど)の
「効果」までは防ぐことができませんので注意してください。



「占い」

カード使用時に、二つの効果が書かれた中からランダムで一つが選ばれます。

占い師は、
(超)必中モード中に使用することで、
自分で効果を選択したり、両方の効果を得ることができます。


「2回攻撃」
DQR 2回攻撃

シンプルに2回攻撃できます。

あるユニットに攻撃後、同じか別のユニットに攻撃できます。

同じユニットに2回攻撃すれば、単純に2倍の攻撃力ですから、
なかなか優秀なキーワード能力です。



「封印」
今までついていた能力を無効化します。

無効化後のユニットは、ほかのカードの効果対象になりますし、
カードの効果を与えることもできます。



DQR けがれの渦 毒

毒に冒されたすべてのユニットは、各ターンの終了後1ダメージを受けます。
各ターンというのは、お互いのターンになるので、
自分のターンでも相手のターンでも
終了時にはダメージをうけます。



闇の衣」
DQR ゾーマ 闇の衣

現状、ゾーマ専用のようになっていますこの「闇の衣」

すべての状態異常、ユニットや特技の効果やダメージを受けることがありません。

対策するには、ゾーマを使われた側のプレイヤーに支給される「光の玉」

MP5消費しなければなりませんが、これを使わないと、闇の衣を封印できません。

封印したところで、10/10のゾーマは生き残っているので、非常に厳しい戦いが待っています。 

なかなかに優秀な能力になっていますね。



以上で、クローズドベータで出現する恐れのある「キーワード能力」の紹介が終わりました。

大変数が多いですが、その分戦略のバリエーションあると考えれば
仕方のないところだと思います。

ぜひすべての仕様を覚えて、有利に試合を運びましょう。

スマホユーザー必見のグッズをご紹介!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク